実の生る木は花から知れるとは

言葉実の生る木は花から知れる
読み方みのなるきははなからしれる
意味すぐれた人物は、子どもの頃から凡人とは違うというたとえ。
よく実のなる木は、花が咲くときからわかるとの意から。
「実を結ぶ木は花より知らるる」「生る木は花から違う」ともいう。
異形 実を結ぶ木は花より知らるる(みをむすぶきははなよりしらるる)
生る木は花から違う(なるきははなからちがう)
類句 蛇は寸にして人を呑む(じゃはすんにしてひとをのむ)
栴檀は双葉より芳し(せんだんはふたばよりかんばし)
寺啄の子は卵から頷く

評価をお聞かせください

ありがとうございます。ページの改善に役立てさせていただきます。

使用されている漢字

「実」を含むことわざ

「実」を含むことわざを全て見る

「生」を含むことわざ

「木」を含むことわざ

「木」を含むことわざを全て見る

「花」を含むことわざ

「花」を含むことわざを全て見る

「知」を含むことわざ

「結」を含むことわざ

「違」を含むことわざ

ページ先頭に戻る