年々歳々花相似たり、歳々年々人同じからずについて

年々歳々花相似たり、歳々年々人同じからず
読み方ねんねんさいさいはなあいにたり、さいさいねんねんひとおなじからず
意味花は年ごとに変わることなく咲くが、人の境遇は年ごとに変化していく。自然が変わらないのに対して、人の世ははかなく移りやすいことのたとえ。
出典劉廷芝「代悲白頭翁」

使用されている漢字

ページ先頭に戻る