飛脚に三里の灸について

言葉飛脚に三里の灸
読み方ひきゃくにさんりのきゅう
意味勢いのあるものにさらに勢いをつけるたとえ。「三里」は、膝頭の下の灸点で、ここに灸をすえると足を丈夫にするといわれている。足の速い飛脚が三里に灸をすえれば、さらに足が強くなることから。
出典
類句 駆け馬に鞭(かけうまにむち)
帆掛け船に艪を押す(ほかけぶねにろをおす)

使用されている漢字

「飛」を含むことわざ

「飛」を含むことわざを全て見る

「脚」を含むことわざ

「三」を含むことわざ

「里」を含むことわざ

「里」を含むことわざを全て見る

「灸」を含むことわざ

ページ先頭に戻る