「ゆ」からはじまる故事・ことわざ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

五十音順に並んでいます。

故事・ことわざ(読み方)
湯上りにはおじ坊主が惚れる
(ゆあがりにはおじぼうずがほれる)
憂患に生き安楽に死す
(ゆうかんにいきあんらくにしす)
有終の美を飾る
(ゆうしゅうのびをかざる)
勇将の下に弱卒なし
(ゆうしょうのもとにじゃくそつなし)
夕立は馬の背を分ける
(ゆうだちはうまのせをわける)
尤物
(ゆうぶつ)
雄弁は銀、沈黙は金
(ゆうべんはぎん、ちんもくはきん)
幽明境を異にする
(ゆうめいさかいをことにする)
夕焼けに鎌を研げ
(ゆうやけにかまをとげ)
幽霊の正体見たり枯れ尾花
(ゆうれいのしょうたいみたりかれおばな)
行き大名の帰り乞食
(ゆきだいみょうのかえりこじき)
雪と墨
(ゆきとすみ)
雪の明日は裸虫の洗濯
(ゆきのあしたははだかむしのせんたく)
雪の上に霜
(ゆきのうえにしも)
雪は豊年の瑞
(ゆきはほうねんのしるし)
往くに径に由らず
(ゆくにこみちによらず)
柚の木に裸で登る
(ゆずのきにはだかでのぼる)
ゆっくり急げ
(ゆっくりいそげ)
湯に入りて湯に入らざれ
(ゆにいりてゆにいらざれ)
湯の辞儀は水になる
(ゆのじぎはみずになる)
弓折れ、矢尽きる
(ゆみおれ、やつきる)
夢に牡丹餅
(ゆめにぼたもち)
夢の浮橋
(ゆめのうきはし)
夢のまた夢
(ゆめのまたゆめ)
夢は五臓の患い
(ゆめはごぞうのわずらい)
夢は逆夢
(ゆめはさかゆめ)
夢枕に立つ
(ゆめまくらにたつ)
ユリイカ
(ゆりいか)
揺り籠から墓場まで
(ゆりかごからはかばまで)
湯を沸かして水にする
(ゆをわかしてみずにする)
ユートピア
(ゆーとぴあ)

五十音検索に戻る

五十音から検索
   
       

運営サイト一覧

表示:スマートフォンパソコン

プライバシーポリシーお問い合わせ

掲載内容の無断転載を禁止致します。

(c) 故事・ことわざ辞典オンライン

ページ先頭に戻る