「いつも柳の下に泥鰌はいない」の意味

スポンサーリンク

スポンサーリンク

言葉 いつも柳の下に泥鰌はいない
読み方 いつもやなぎのしたにどじょうはいない
意味 一度うまくいったからといって、いつも同じ方法でうまくいくとはかぎらないということ。柳の下で一度泥鰌を捕まえたからといって、そこでいつも泥鰌を捕まえられるとはかぎらないという意から。
類語

柳の下にいつも泥鰌はいない

株を守りて兎を待つ

朔日毎に餅は食えぬ

漢字詳細 「柳」を含むことわざ
「柳」という漢字の詳細
「下」を含むことわざ
「下」という漢字の詳細
「泥」を含むことわざ
「泥」という漢字の詳細
「鰌」を含むことわざ
「鰌」という漢字の詳細

故事・ことわざ辞典TOP

運営サイト一覧

プライバシーポリシー | お問い合わせ

スマートフォンパソコン

掲載内容の無断転載を禁止致します。

ページ先頭に戻る