「け」からはじまる故事・ことわざ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

五十音順に並んでいます。

故事・ことわざ(読み方)
形影相同じ
(けいえいあいおなじ)
形影相弔う
(けいえいあいとむらう)
形影相伴う
(けいえいあいともなう)
敬遠
(けいえん)
圭角が取れる
(けいかくがとれる)
挂冠
(けいかん)
傾蓋、旧の如し
(けいがい、きゅうのごとし)
謦咳に接する
(けいがいにせっする)
荊棘の道
(けいきょくのみち)
鶏群の一鶴
(けいぐんのいっかく)
経験は愚か者の師
(けいけんはおろかもののし)
経験は知恵の父記憶の母
(けいけんはちえのちちきおくのはは)
鶏口となるも牛後となるなかれ
(けいこうとなるもぎゅうごとなるなかれ)
傾国
(けいこく)
荊妻
(けいさい)
敬して遠ざく
(けいしてとおざく)
閨秀
(けいしゅう)
傾城
(けいせい)
蛍雪
(けいせつ)
蛍雪の功
(けいせつのこう)
継続は力なり
(けいぞくはちからなり)
兄たり難く、弟たり難し
(けいたりがたく、ていたりがたし)
啓蟄
(けいちつ)
径庭
(けいてい)
兄弟牆に鬩げども外その務りを禦ぐ
(けいていかきにせめげどもそとそのあなどりをふせぐ)
桂馬の高上がり
(けいまのたかあがり)
怪我と弁当は自分持ち
(けがとべんとうはじぶんもち)
怪我の功名
(けがのこうみょう)
けちん坊の柿の種
(けちんぼうのかきのたね)
決河の勢い
(けっかのいきおい)
結構毛だらけ
(けっこうけだらけ)
結構は阿呆のうち
(けっこうはあほうのうち)
褻にも晴れにも歌一首
(けにもはれにもうたいっしゅ)
毛のない猿
(けのないさる)
螻蛄才
(けらざい)
螻蛄の水渡り
(けらのみずわたり)
蹴る馬も乗り手次第
(けるうまものりてしだい)
毛を吹いて疵を求む
(けをふいてきずをもとむ)
毛を見て馬を相す
(けをみてうまをそうす)
犬猿の仲
(けんえんのなか)
喧嘩過ぎての空威張り
(けんかすぎてのからいばり)
喧嘩過ぎての棒乳切り
(けんかすぎてのぼうちぎり)
喧嘩は降り物
(けんかはふりもの)
喧嘩両成敗
(けんかりょうせいばい)
懸河の弁
(けんがのべん)
健康は富に勝る
(けんこうはとみにまさる)
賢者ひだるし、伊達寒し
(けんじゃひだるし、だてさむし)
健全なる精神は健全なる身体に宿る
(けんぜんなるせいしんはけんぜんなるしんたいにやどる)
軒輊
(けんち)
犬馬の養い
(けんばのやしない)
犬馬の齢
(けんばのよわい)
犬馬の労
(けんばのろう)
堅白同異の弁
(けんぱくどういのべん)
けんもほろろ
(けんもほろろ)
倹約と吝嗇は水仙と葱
(けんやくとけちはすいせんとねぎ)
権輿
(けんよ)
姸を競う
(けんをきそう)
芸が身を助けるほどの不仕合わせ
(げいがみをたすけるほどのふしあわせ)
芸術は長く、人生は短し
(げいじゅつはながく、じんせいはみじかし)
芸人に年なし
(げいにんにとしなし)
芸は道によって賢し
(げいはみちによってかしこし)
芸は身につく
(げいはみにつく)
芸は身の仇
(げいはみのあだ)
芸は身を助ける
(げいはみをたすける)
逆旅
(げきりょ)
逆鱗に触れる
(げきりんにふれる)
檄を飛ばす
(げきをとばす)
下戸と化け物はない
(げことばけものはない)
下戸の肴荒らし
(げこのさかなあらし)
下戸の建てたる蔵もなし
(げこのたてたるくらもなし)
下戸の手強
(げこのてごわ)
下種の後思案
(げすのあとじあん)
下種の一寸、のろまの三寸、馬鹿の開けっ放し
(げすのいっすん、のろまのさんずん、ばかのあけっぱなし)
下種の勘ぐり
(げすのかんぐり)
下種の口に戸は立てられぬ
(げすのくちにとはたてられぬ)
下種の逆恨み
(げすのさかうらみ)
下種の謗り食い
(げすのそしりぐい)
下駄も阿弥陀も同じ木の切れ
(げたもあみだもおなじきのきれ)
下駄を預ける
(げたをあずける)
月旦評
(げったんひょう)
外面似菩薩、内心如夜叉
(げめんじぼさつ、ないしんにょやしゃ)
げらげら笑いのどん腹立て
(げらげらわらいのどんばらたて)
言々、肺腑を衝く
(げんげん、はいふをつく)
現世安穏、後生善処
(げんぜあんのん、ごしょうぜんしょ)
言は簡を尊ぶ
(げんはかんをたっとぶ)
言を左右にする
(げんをさゆうにする)

五十音検索に戻る

五十音から検索
   
       

運営サイト一覧

表示:スマートフォンパソコン

プライバシーポリシーお問い合わせ

掲載内容の無断転載を禁止致します。

(c) 故事・ことわざ辞典オンライン

ページ先頭に戻る