落花枝に返らず、破鏡再び照らさずについて

言葉落花枝に返らず、破鏡再び照らさず
読み方らっかえだにかえらず、はきょうふたたびてらさず
意味一度こわれた男女の仲は、再びもとに戻ることはないというたとえ。散り落ちた花は再びもとの枝に返ることはなく、割れた鏡は再び物をうつすことはできない意から。
出典
別表記 落花枝に帰らず、破鏡再び照らさず(らっかえだにかえらず、はきょうふたたびてらさず)
類句 覆水、盆に返らず(ふくすい、ぼんにかえらず)
後悔、先に立たず(こうかい、さきにたたず)
破鏡再び照らさず(はきょうふたたびてらさず)

使用されている漢字

「落」を含むことわざ

「花」を含むことわざ

「枝」を含むことわざ

「枝」を含むことわざを全て見る

「返」を含むことわざ

「破」を含むことわざ

「破」を含むことわざを全て見る

「鏡」を含むことわざ

「再」を含むことわざ

「照」を含むことわざ

ページ先頭に戻る