門前の小僧、習わぬ経を読むについて

言葉門前の小僧、習わぬ経を読む
読み方もんぜんのこぞう、ならわぬきょうをよむ
意味ふだん見聞きしていると、知らないうちに覚えてしまうというたとえ。
寺の前に住んでいる子どもたちは、習わなくても自然に経を読めるようになるという意から。
出典
類句 勧学院の雀は蒙求を囀る(かんがくいんのすずめはもうぎゅうをさえずる)

使用されている漢字

「門」を含むことわざ

「門」を含むことわざを全て見る

「前」を含むことわざ

「小」を含むことわざ

「僧」を含むことわざ

「習」を含むことわざ

「経」を含むことわざ

「読」を含むことわざ

ページ先頭に戻る