生酔い、本性違わずについて

言葉生酔い、本性違わず
読み方なまよい、ほんしょうたがわず
意味少しばかり酒に酔っても、その人の本来の性質は変わらないということ。「生酔い」は、少し酒に酔うこと。「酒飲み本性違わず」ともいう。
出典

使用されている漢字

「生」を含むことわざ

「酔」を含むことわざ

「本」を含むことわざ

「性」を含むことわざ

「違」を含むことわざ

ページ先頭に戻る