「符節を合するが如し」の意味

スポンサーリンク

スポンサーリンク

言葉 符節を合するが如し
読み方 ふせつをがっするがごとし
意味 二つのものがぴったり合うことのたとえ。「符節」は、後日の証拠とするために、木や竹の札に文字などを書き中央に割り印を押して二つに割り、二人が一片ずつ持つようにしたもの。その符節を合わせたように一致するという意から。「符節を合わすが如し」ともいう。
出典 『孟子』
漢字詳細 「符」を含むことわざ
「符」という漢字の詳細
「節」を含むことわざ
「節」という漢字の詳細
「合」を含むことわざ
「合」という漢字の詳細
「如」を含むことわざ
「如」という漢字の詳細

故事・ことわざ辞典TOP

運営サイト一覧

プライバシーポリシー | お問い合わせ

スマートフォンパソコン

掲載内容の無断転載を禁止致します。

ページ先頭に戻る