「思」を含む故事・ことわざ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

五十音順に並んでいます。

故事・ことわざ(読み方)
合うも不思議合わぬも不思議
(あうもふしぎあわぬもふしぎ)
明るけりゃ月夜だと思う
(あかるけりゃつきよだとおもう)
悪獣もなおその類を思う
(あくじゅうもなおそのるいをおもう)
明日ありと思う心の仇桜
(あすありとおもうこころのあだざくら)
頭の濡れぬ思案
(あたまのぬれぬしあん)
蟻の思いも天に届く
(ありのおもいもてんにとどく)
あるは厭なり思うは成らず
(あるはいやなりおもうはならず)
鮑の片思い
(あわびのかたおもい)
安に居て危を思う
(あんにいてきをおもう)
家貧しくして良妻を思う
(いえまずしくしてりょうさいをおもう)
怒りは敵と思え
(いかりはてきとおもえ)
磯の鮑の片思い
(いそのあわびのかたおもい)
一日千秋の思い
(いちじつせんしゅうのおもい)
いつまでもあると思うな親と金
(いつまでもあるとおもうなおやとかね)
色は思案の外
(いろはしあんのほか)
怨みほど恩を思え
(うらみほどおんをおもえ)
思し召しより米の飯
(おぼしめしよりこめのめし)
思い内にあれば色外に現る
(おもいうちにあればいろそとにあらわる)
思い思瘡、思われ面皰
(おもいおもくさ、おもわれにきび)
思い立ったが吉日
(おもいたったがきちじつ)
思い半ばに過ぐ
(おもいなかばにすぐ)
思い邪なし
(おもいよこしまなし)
思うこと言わねば腹ふくる
(おもうこといわねばはらふくる)
思う事一つ叶えばまた一つ
(おもうことひとつかなえばまたひとつ)
思うに別れて思わぬに添う
(おもうにわかれておもわぬにそう)
思う念力、岩をも徹す
(おもうねんりき、いわをもとおす)
思うようなら子と三人
(おもうようならことさんにん)
思えば思わるる
(おもえばおもわるる)
親思う心にまさる親心
(おやおもうこころにまさるおやごころ)
鎹思案
(かすがいじあん)
堪忍五両、思案十両
(かんにんごりょう、しあんじゅうりょう)
君を思うも身を思う
(きみをおもうもみをおもう)
下種の後思案
(げすのあとじあん)
恋は思案の外
(こいはしあんのほか)
凝っては思案に余る
(こってはしあんにあまる)
米の飯より思し召し
(こめのめしよりおぼしめし)
悟ろうと思うも迷い
(さとろうとおもうもまよい)
思案投げ首
(しあんなげくび)
思案の案の字が百貫する
(しあんのあんのじがひゃっかんする)
断腸の思い
(だんちょうのおもい)
遠ざかるほど思いが募る
(とおざかるほどおもいがつのる)
成るは厭なり、思うは成らず
(なるはいやなり、おもうはならず)
腹が立つなら親を思い出せ
(はらがたつならおやをおもいだせ)
人を思うは身を思う、人を憎むは身を憎む
(ひとをおもうはみをおもう、ひとをにくむはみをにくむ)
人を見たら泥棒と思え
(ひとをみたらどろぼうとおもえ)
火を見たら火事と思え
(ひをみたらかじとおもえ)
糸瓜の皮とも思わない
(へちまのかわともおもわない)
学びて思わざれば則ち罔し
(まなびておもわざればすなわちくらし)
我が物と思えば軽し笠の雪
(わがものとおもえばかるしかさのゆき)
我思う、故に我あり
(われおもう、ゆえにわれあり)

「思」の読み方・部首・画数

故事・ことわざ辞典TOP

運営サイト一覧

プライバシーポリシー | お問い合わせ

スマートフォンパソコン

掲載内容の無断転載を禁止致します。

ページ先頭に戻る