「三軍も帥を奪うべきなり、匹夫も志を奪うべからず」の意味

スポンサーリンク

スポンサーリンク

言葉 三軍も帥を奪うべきなり、匹夫も志を奪うべからず
読み方 さんぐんもすいをうばうべきなり、ひっぷもこころざしをうばうべからず
意味 大軍に守られている総大将でも討ち取ることは出来るが、たとえどんなに身分の低い男でも、意思が堅ければ、その志を変えさせることは出来ないということ。人の志は尊重すべきだということ。「三軍」は大軍、「帥」は大将、「匹夫」は身分のいやしい男の意。
出典 『論語』子罕
漢字詳細 「三」を含むことわざ
「三」という漢字の詳細
「軍」を含むことわざ
「軍」という漢字の詳細
「帥」を含むことわざ
「帥」という漢字の詳細
「奪」を含むことわざ
「奪」という漢字の詳細
「匹」を含むことわざ
「匹」という漢字の詳細
「夫」を含むことわざ
「夫」という漢字の詳細
「志」を含むことわざ
「志」という漢字の詳細

故事・ことわざ辞典TOP

運営サイト一覧

プライバシーポリシー | お問い合わせ

スマートフォンパソコン

掲載内容の無断転載を禁止致します。

ページ先頭に戻る