1. 故事・ことわざ辞典オンライン >
  2. 漢字検索 >
  3. 「家」

「家」を含む故事・ことわざ

スポンサードリンク

五十音順に並んでいます。

故事・ことわざ 読み方
空き家で声嗄らすあきやでこえからす
空き家の雪隠あきやのせっちん
家鴨も鴨の気位あひるもかものきぐらい
家柄より芋茎いえがらよりいもがら
家に女房なきは火のない炉のごとしいえににょうぼうなきはひのないろのごとし
家に鼠、国に盗人いえにねずみ、くににぬすびと
家貧しくして孝子顕るいえまずしくしてこうしあらわる
家貧しくして良妻を思ういえまずしくしてりょうさいをおもう
家を道端に作れば三年成らずいえをみちばたにつくればさんねんならず
イギリス人の家はその人の城いぎりすじんのいえはそのひとのしろ
一家の言を成すいっかのげんをなす
犬は人につき猫は家につくいぬはひとにつきねこはいえにつく
家の前の痩せ犬うちのまえのやせいぬ
家裸でも外錦うちはだかでもそとにしき
売家と唐様で書く三代目うりいえとからようでかくさんだいめ
お家がらがらおいえがらがら
大きな家には大きな風おおきないえにはおおきなかぜ
大家と言えば親も同然、店子と言えば子も同然おおやといえばおやもどうぜん、たなこといえばこもどうぜん
驕る平家は久しからずおごるへいけはひさしからず
女は三界に家なしおんなはさんがいにいえなし
家書万金に抵るかしょばんきんにあたる
敵の家でも口を濡らせかたきのいえでもくちをぬらせ
国に盗人、家に鼠くににぬすびと、いえにねずみ
甲張り強くして家押し倒すこうばりつよくしていえおしたおす
三度の火事より一度の後家さんどのかじよりいちどのごけ
修身斉家治国平天下しゅうしんせいかちこくへいてんか
出家の念仏嫌いしゅっけのねんぶつぎらい
自家薬籠中の物じかやくろうちゅうのもの
積善の家には必ず余慶ありせきぜんのいえにはかならずよけいあり
喪家の狗そうかのいぬ
大家後なしたいかのちなし
男子家を出ずれば七人の敵ありだんしいえをいずればしちにんのてきあり
付き合いなら家でも焼くつきあいならいえでもやく
鄭家の奴は詩をうたうていかのやっこはしをうたう
伝家の宝刀でんかのほうとう
東家に食して西家に眠らんとうかにしょくしてせいかにねむらん
年寄りは家の宝としよりはいえのたから
女房に惚れてお家繁盛にょうぼうにほれておいえはんじょう
恥は家の病はじはいえのやまい
腹の立つように家蔵建たぬはらのたつようにいえくらたたぬ
平家を滅ぼすは平家へいけをほろぼすはへいけ
方位家の家潰しほういかのいえつぶし
醜い家鴨の子みにくいあひるのこ
雌鳥うたえば家滅ぶめんどりうたえばいえほろぶ
我が家、楽の釜盥わがいえ、らくのかまだらい

「家」の読み方・部首・画数

故事・ことわざ辞典TOP

ことわざを検索

スポンサーリンク

五十音から検索

   
       

漢字から検索

1画 2画 3画
4画 5画 6画
7画 8画 9画
10画 11画 12画
13画 14画 15画
16画 17画 18画
19画 20画 21画
22画 23画 24画
25画 26画 28画

サイト情報

運営サイト

当サイトはリンクフリーです。トップページ・個別ページ共にご自由にリンクしていただいて構いません。

リンクの設置等のない掲載内容の転載についてはご遠慮願います。

サイト内の不備や不適切と思われる解釈などがございましたらお問い合わせよりご一報お願い致します。

Copyright (c) 2014-2017 故事・ことわざ辞典オンライン All right reserved