春の晩飯後三里について

春の晩飯後三里
読み方はるのばんめしあとさんり
意味春は日が長く、晩飯を食べたあとでも三里の道を歩けるということ。春の日が長いことのたとえ。「春の夕飯食って三里」ともいう。
出典

使用されている漢字

ページ先頭に戻る