「孟母三遷の教え」の意味

スポンサーリンク

スポンサーリンク

言葉 孟母三遷の教え
読み方 もうぼさんせんのおしえ
意味 子どもの教育には良い環境を選ぶことが大切だという教え。孟子は幼い頃墓地の近くに住んでいたが、孟子が葬式の真似をして遊ぶので母は市場の近くに居を移した。ところが孟子が売買の真似をするので、今度は学校のそばに転居した。すると礼儀作法を真似るようになったので教育に最適な場所として安住したという故事から。「三遷の教え」「孟母三遷」ともいう。
漢字詳細 「孟」を含むことわざ
「孟」という漢字の詳細
「母」を含むことわざ
「母」という漢字の詳細
「三」を含むことわざ
「三」という漢字の詳細
「遷」を含むことわざ
「遷」という漢字の詳細
「教」を含むことわざ
「教」という漢字の詳細

故事・ことわざ辞典TOP

運営サイト一覧

プライバシーポリシー | お問い合わせ

スマートフォンパソコン

掲載内容の無断転載を禁止致します。

ページ先頭に戻る