「よ」からはじまる故事・ことわざ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

五十音順に並んでいます。

故事・ことわざ(読み方)
夜上がり天気雨近し
(よあがりてんきあめちかし)
夜明け前が一番暗い
(よあけまえがいちばんくらい)
良いうちから養生
(よいうちからようじょう)
宵越しの銭は使わぬ
(よいごしのぜにはつかわぬ)
宵越しの茶は飲むな
(よいごしのちゃはのむな)
酔い醒めの水は甘露の味
(よいざめのみずはかんろのあじ)
宵っ張りの朝寝坊
(よいっぱりのあさねぼう)
酔いどれ怪我せず
(よいどれけがせず)
よい花は後から
(よいはなはあとから)
用ある時の地蔵顔、用なき時の閻魔顔
(ようあるときのじぞうがお、ようなきときのえんまがお)
陽気発する処、金石も亦透る
(ようきはっするところ、きんせきもまたとおる)
楊枝で重箱の隅をほじくる
(ようじでじゅうばこのすみをほじくる)
養生に身が痩せる
(ようじょうにみがやせる)
用心に網を張る
(ようじんにあみをはる)
用心は臆病にせよ
(ようじんはおくびょうにせよ)
羊腸
(ようちょう)
羊頭を掲げて狗肉を売る
(ようとうをかかげてくにくをうる)
漸く佳境に入る
(ようやくかきょうにいる)
よく泳ぐ者は溺る
(よくおよぐものはおぼる)
欲と相談
(よくとそうだん)
欲と道連れ
(よくとみちづれ)
欲に頂なし
(よくにいただきなし)
欲には目見えず
(よくにはめみえず)
欲に目が眩む
(よくにめがくらむ)
欲に欲がつく
(よくによくがつく)
欲の熊鷹、股裂くる
(よくのくまたか、またさくる)
欲の世の中
(よくのよのなか)
欲は身を失う
(よくはみをうしなう)
よく学べよく遊べ
(よくまなべよくあそべ)
欲を知らねば身が立たぬ
(よくをしらねばみがたたぬ)
預言者郷里に容れられず
(よげんしゃきょうりにいれられず)
横紙破り
(よこがみやぶり)
横車を押す
(よこぐるまをおす)
横手を打つ
(よこでをうつ)
横の物を縦にもしない
(よこのものをたてにもしない)
横槍を入れる
(よこやりをいれる)
葦の髄から天井を覗く
(よしのずいからてんじょうをのぞく)
余の辞書には不可能という言葉はない
(よのじしょにはふかのうということばはない)
世の中には月夜ばかりはない
(よのなかにはつきよばかりはない)
世の中は九分が十分
(よのなかはくぶがじゅうぶ)
世の中は年中三月常月夜、嬶十七俺二十、負わず借らずに子三人
(よのなかはねんじゅうさんがつじょうつきよ、かかあじゅうしちおれはたち、おわずからずにこさんにん)
世の中は三日見ぬ間の桜かな
(よのなかはみっかみぬまのさくらかな)
世は相持ち
(よはあいもち)
世は張り物
(よははりもの)
呼ぶより謗れ
(よぶよりそしれ)
予防は治療に勝る
(よぼうはちりょうにまさる)
夜道に日は暮れぬ
(よみちにひはくれぬ)
夜目、遠目、笠の内
(よめ、とおめ、かさのうち)
由らしむべし知らしむべからず
(よらしむべししらしむべからず)
寄らば大樹の陰
(よらばたいじゅのかげ)
夜の鶴
(よるのつる)
夜の錦
(よるのにしき)
選れば選り屑
(よればよりくず)
喜んで尻餅をつく
(よろこんでしりもちをつく)
弱き者、汝は女なり
(よわきもの、なんじはおんななり)
世渡りの殺生は釈迦も許す
(よわたりのせっしょうはしゃかもゆるす)
弱みに付け込む風邪の神
(よわみにつけこむかぜのかみ)
弱り目に祟り目
(よわりめにたたりめ)
夜を日に継ぐ
(よをひにつぐ)

五十音検索に戻る

五十音から検索
   
       

運営サイト一覧

表示:スマートフォンパソコン

プライバシーポリシーお問い合わせ

掲載内容の無断転載を禁止致します。

(c) 故事・ことわざ辞典オンライン

ページ先頭に戻る