「わ」からはじまる故事・ことわざ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

五十音順に並んでいます。

故事・ことわざ(読み方)
若い時旅をせねば老いての物語がない
(わかいときたびをせねばおいてのものがたりがない)
若い時の苦労は買うてもせよ
(わかいときのくろうはこうてもせよ)
若い時は二度ない
(わかいときはにどない)
若木に腰掛けな
(わかぎにこしかけな)
若木の下で笠を脱げ
(わかぎのしたでかさをぬげ)
我が家、楽の釜盥
(わがいえ、らくのかまだらい)
我が上の星は見えぬ
(わがうえのほしはみえぬ)
我が面白の人泣かせ
(わがおもしろのひとなかせ)
我が刀で首切る
(わがかたなでくびきる)
我が糞は臭くなし
(わがくそはくさくなし)
我が心石に非ず、転ずべからず
(わがこころいしにあらず、てんずべからず)
我が子自慢は親の常
(わがこじまんはおやのつね)
我が事と下り坂に走らぬ者なし
(わがこととくだりざかにはしらぬものなし)
我が好きを人に振る舞う
(わがすきをひとにふるまう)
我が田に水を引く
(わがたにみずをひく)
我が亡き後に洪水よ来たれ
(わがなきあとにこうずいよきたれ)
我が仏尊し
(わがほとけとうとし)
我が身の臭さ我知らず
(わがみのくささわれしらず)
我が身の事は人に問え
(わがみのことはひとにとえ)
我が身を立てんとせばまず人を立てよ
(わがみをたてんとせばまずひとをたてよ)
我が身を抓って人の痛さを知れ
(わがみをつねってひとのいたさをしれ)
我が物と思えば軽し笠の雪
(わがものとおもえばかるしかさのゆき)
禍は口から
(わざわいはくちから)
禍も三年経てば用に立つ
(わざわいもさんねんたてばようにたつ)
禍を転じて福となす
(わざわいをてんじてふくとなす)
和して同ぜず
(わしてどうぜず)
忘れたと知らぬには手がつかぬ
(わすれたとしらぬにはてがつかぬ)
綿に針を包む
(わたにはりをつつむ)
渡りに船
(わたりにふね)
渡る世間に鬼はない
(わたるせけんにおにはない)
割った茶碗を接いでみる
(わったちゃわんをついでみる)
鰐の空涙
(わにのそらなみだ)
輪に輪を掛ける
(わにわをかける)
笑いは人の薬
(わらいはひとのくすり)
笑う顔に矢立たず
(わらうかおにやたたず)
笑う門には福来る
(わらうかどにはふくきたる)
笑って損した者なし
(わらってそんしたものなし)
藁で束ねても男は男
(わらでたばねてもおとこはおとこ)
藁にも縋る
(わらにもすがる)
悪い親も良い子を望む
(わるいおやもよいこをのぞむ)
我思う、故に我あり
(われおもう、ゆえにわれあり)
破れ鍋に綴じ蓋
(われなべにとじぶた)
我に自由を与えよしからずんば死を与えよ
(われにじゆうをあたえよしからずんばしをあたえよ)
我より古を作す
(われよりいにしえをなす)
我を非として当う者は吾が師なり
(われをひとしてむかうものはわがしなり)
和を以て貴しとなす
(わをもってとうとしとなす)

五十音検索に戻る

五十音から検索
   
       

運営サイト一覧

プライバシーポリシー | お問い合わせ

スマートフォンパソコン

掲載内容の無断転載を禁止致します。

ページ先頭に戻る