「足」を含む故事・ことわざ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

五十音順に並んでいます。

故事・ことわざ(読み方)
足掻きがとれない
(あがきがとれない)
挙げ足を取る
(あげあしをとる)
足が地に付かない
(あしがちにつかない)
足が棒になる
(あしがぼうになる)
足駄を履いて首ったけ
(あしだをはいてくびったけ)
足の裏の米粒をこそげる
(あしのうらのこめつぶをこそげる)
足もとから鳥が立つ
(あしもとからとりがたつ)
足もとに火がつく
(あしもとにひがつく)
足もとの明るいうち
(あしもとのあかるいうち)
足もとを見る
(あしもとをみる)
足を洗う
(あしをあらう)
足を出す
(あしをだす)
足を引っ張る
(あしをひっぱる)
足を棒にする
(あしをぼうにする)
後足で砂をかける
(あとあしですなをかける)
歩く足には塵が付く
(あるくあしにはちりがつく)
衣食足りて礼節を知る
(いしょくたりてれいせつをしる)
一挙手一投足
(いっきょしゅいっとうそく)
浮き足立つ
(うきあしだつ)
馬の足
(うまのあし)
海棠の睡り未だ足らず
(かいどうのねむりいまだたらず)
勘定合って銭足らず
(かんじょうあってぜにたらず)
驥足を展ばす
(きそくをのばす)
口叩きの手足らず
(くちたたきのてたらず)
首縊りの足を引く
(くびくくりのあしをひく)
事ある時は仏の足を戴く
(ことあるときはほとけのあしをいただく)
才余りありて識足らず
(さいあまりありてしきたらず)
猿は人間に毛が三筋足らぬ
(さるはにんげんにけがみすじたらぬ)
手足を措く所なし
(しゅそくをおくところなし)
地獄の上の一足飛び
(じごくのうえのいっそくとび)
次郎にも太郎にも足りぬ
(じろうにもたろうにもたりぬ)
千里の行も足下より始まる
(せんりのこうもそっかよりはじまる)
銭は足なくして走る
(ぜにはあしなくしてはしる)
足らず余らず子三人
(たらずあまらずこさんにん)
足る事を知る
(たることをしる)
足るを知る者は富む
(たるをしるものはとむ)
蛇足
(だそく)
伊達の素足もないから起こる
(だてのすあしもないからおこる)
手が入れば足も入る
(てがいればあしもいる)
手でする事を足でする
(てですることをあしでする)
手の舞、足の踏む所を知らず
(てのまい、あしのふむところをしらず)
手も足も出ない
(てもあしもでない)
二足の草鞋を履く
(にそくのわらじをはく)
日計足らずして歳計余りあり
(にっけいたらずしてさいけいあまりあり)
二の足を踏む
(にのあしをふむ)
抜き足して来るひとに碌な者なし
(ぬきあししてくるひとにろくなものなし)
抜き足すれば道付く
(ぬきあしすればみちつく)
八分は足らず十分は零れる
(はちぶはたらずじゅうぶんはこぼれる)
馬鹿の大足
(ばかのおおあし)
人は足るを知らざるを苦しむ
(ひとはたるをしらざるをくるしむ)
不足奉公は双方の損
(ふそくぼうこうはそうほうのそん)
老化は足から
(ろうかはあしから)

「足」の読み方・部首・画数

故事・ことわざ辞典TOP

運営サイト一覧

プライバシーポリシー | お問い合わせ

スマートフォンパソコン

掲載内容の無断転載を禁止致します。

ページ先頭に戻る