「学ぶに暇あらずと謂う者は暇ありと雖も亦学ぶ能わず」の意味

スポンサーリンク

スポンサーリンク

言葉 学ぶに暇あらずと謂う者は暇ありと雖も亦学ぶ能わず
読み方 まなぶにいとまあらずというものはいとまありといえどもまたまなぶあたわず
意味 勉強したくても時間がないなどという人は、もともと学ぶ意欲がないのだから、たとえ暇があったとしても勉強はしないということ。
出典 『淮南子』説山
漢字詳細 「学」を含むことわざ
「学」という漢字の詳細
「暇」を含むことわざ
「暇」という漢字の詳細
「謂」を含むことわざ
「謂」という漢字の詳細
「者」を含むことわざ
「者」という漢字の詳細
「雖」を含むことわざ
「雖」という漢字の詳細
「亦」を含むことわざ
「亦」という漢字の詳細
「能」を含むことわざ
「能」という漢字の詳細

故事・ことわざ辞典TOP

運営サイト一覧

プライバシーポリシー | お問い合わせ

スマートフォンパソコン

掲載内容の無断転載を禁止致します。

ページ先頭に戻る