1. 故事・ことわざ辞典オンライン >
  2. 五十音検索 >
  3. 「や」

「や」からはじまる故事・ことわざ

スポンサードリンク

五十音順に並んでいます。

故事・ことわざ 読み方
八百長やおちょう
焼きが回るやきがまわる
焼き餅と欠き餅は焼く方が良いやきもちとかきもちはやくほうがよい
焼き餅は狐色やきもちはきつねいろ
焼き餅焼くとて手を焼くなやきもちやくとててをやくな
役者に年なしやくしゃにとしなし
薬餌に親しむやくじにしたしむ
薬石効なしやくせきこうなし
薬石の言やくせきのげん
薬籠中の物やくろうちゅうのもの
焼け跡の釘拾いやけあとのくぎひろい
焼け石に水やけいしにみず
焼けたあとは立つが死んだあとは立たぬやけたあとはたつがしんだあとはたたぬ
火傷、火に怖じるやけど、ひにおじる
焼野の雉子、夜の鶴やけののきぎす、よるのつる
やけのやん八やけのやんぱち
焼け木杭には火がつきやすいやけぼっくいにはひがつきやすい
野狐禅やこぜん
養う所を以て其の養う所を害せずやしなうところをもってそのやしなうところをがいせず
夜叉が嫁入りやしゃがよめいり
夜食過ぎての牡丹餅やしょくすぎてのぼたもち
安い物と化け物はないやすいものとばけものはない
安かろう悪かろうやすかろうわるかろう
安きこと泰山の如しやすきことたいざんのごとし
安きを偸むやすきをぬすむ
安物買いの銭失いやすものかいのぜにうしない
鑢と薬の飲み違いやすりとくすりののみちがい
痩せ腕にも骨やせうでにもほね
痩せ馬に重荷やせうまにおもに
痩せ馬鞭を恐れずやせうまむちをおそれず
痩せ我慢は貧から起こるやせがまんはひんからおこる
痩せても枯れてもやせてもかれても
痩せの大食いやせのおおぐい
宿取らば一に方角、二に雪隠、三に戸締り、四には火の元やどとらばいちにほうがく、ににせっちん、さんにとじまり、しにはひのもと
宿六やどろく
柳に風やなぎにかぜ
柳に雪折れなしやなぎにゆきおれなし
柳の下にいつも泥鰌はいないやなぎのしたにいつもどじょうはいない
柳は緑花は紅やなぎはみどりはなはくれない
野に遺賢なしやにいけんなし
野に下るやにくだる
やはり野に置け蓮華草やはりのにおけれんげそう
藪医者の玄関やぶいしゃのげんかん
藪医者の手柄話やぶいしゃのてがらばなし
藪医者の病人選びやぶいしゃのびょうにんえらび
藪から棒やぶからぼう
藪に蛇なかれ村に事なかれやぶにへびなかれむらにことなかれ
藪の外でも若竹育つやぶのそとでもわかたけそだつ
藪の中の荊やぶのなかのうばら
藪蛇やぶへび
破れても小袖やぶれてもこそで
藪をつついて蛇を出すやぶをつついてへびをだす
病膏肓に入るやまいこうこうにいる
病上手に死に下手やまいじょうずにしにべた
病治りて薬師忘るやまいなおりてくすしわする
病には勝たれぬやまいにはかたれぬ
病は癒ゆるに怠るやまいはいゆるにおこたる
病は気からやまいはきから
病は口より入り、禍は口より出ずやまいはくちよりいり、わざわいはくちよりいず
病は治るが癖は治らぬやまいはなおるがくせはなおらぬ
山師の玄関やましのげんかん
山師山で果てるやましやまではてる
山高きが故に貴からずやまたかきがゆえにたっとからず
山に躓かずして垤に躓くやまにつまずかずしててつにつまずく
山に蛤を求むやまにはまぐりをもとむ
山の芋鰻とならずやまのいもうなぎとならず
山の芋鰻になるやまのいもうなぎになる
山の芋を蒲焼にするやまのいもをかばやきにする
山より大きな猪は出ぬやまよりおおきないのししはでぬ
山を掛けるやまをかける
闇から牛を引き出すやみからうしをひきだす
闇から闇に葬るやみからやみにほうむる
闇に鉄砲やみにてっぽう
闇夜に烏、雪に鷺やみよにからす、ゆきにさぎ
闇夜の提灯やみよのちょうちん
闇夜の礫やみよのつぶて
闇夜の錦やみよのにしき
病む身より見る目やむみよりみるめ
病め医者死ね坊主やめいしゃしねぼうず
矢も楯もたまらずやもたてもたまらず
やらずぶったくりやらずぶったくり
槍玉に上げるやりだまにあげる
槍でも鉄砲でも持ってこいやりでもてっぽうでももってこい
八幡の藪知らずやわたのやぶしらず

五十音検索に戻る

ことわざを検索

五十音から検索
   
 
   
 

スポンサーリンク

五十音から検索

   
       

漢字から検索

1画 2画 3画
4画 5画 6画
7画 8画 9画
10画 11画 12画
13画 14画 15画
16画 17画 18画
19画 20画 21画
22画 23画 24画
25画 26画 28画

サイト情報

運営サイト

当サイトはリンクフリーです。トップページ・個別ページ共にご自由にリンクしていただいて構いません。

リンクの設置等のない掲載内容の転載についてはご遠慮願います。

サイト内の不備や不適切と思われる解釈などがございましたらお問い合わせよりご一報お願い致します。

Copyright (c) 2014-2017 故事・ことわざ辞典オンライン All right reserved