「鳩に三枝の礼あり、烏に反哺の孝あり」の意味

スポンサーリンク

スポンサーリンク

言葉 鳩に三枝の礼あり、烏に反哺の孝あり
読み方 はとにさんしのれいあり、からすにはんぽのこうあり
意味 子の親に対する礼儀や孝養の大切さをいった言葉。鳩の子は親鳥より三本下の枝にとまり、成長した後は恩を忘れずに老いた親鳥に口移しに餌を運ぶという意。そのことから、鳥でさえ親の恩に報いるのだから、人は礼儀を尊び親孝行せよということ。
類語

烏に反哺の孝あり

反哺の孝

三枝の礼

漢字詳細 「鳩」を含むことわざ
「鳩」という漢字の詳細
「三」を含むことわざ
「三」という漢字の詳細
「枝」を含むことわざ
「枝」という漢字の詳細
「礼」を含むことわざ
「礼」という漢字の詳細
「烏」を含むことわざ
「烏」という漢字の詳細
「反」を含むことわざ
「反」という漢字の詳細
「哺」を含むことわざ
「哺」という漢字の詳細
「孝」を含むことわざ
「孝」という漢字の詳細

故事・ことわざ辞典TOP

運営サイト一覧

プライバシーポリシー | お問い合わせ

スマートフォンパソコン

掲載内容の無断転載を禁止致します。

ページ先頭に戻る