「下手の長糸、上手の小糸」の意味

スポンサーリンク

スポンサーリンク

言葉 下手の長糸、上手の小糸
読み方 へたのちょういと、じょうずのこいと
意味 裁縫の下手な人は、針にむやみに長い糸を通して縫いにくくするが、上手な人は必要なだけの糸を使って仕事をしやすくするということ。下手な人ほど無駄なことをし、上手な人は要領よくやるというたとえ。「下手の長糸遣い」ともいう。
漢字詳細 「下」を含むことわざ
「下」という漢字の詳細
「手」を含むことわざ
「手」という漢字の詳細
「長」を含むことわざ
「長」という漢字の詳細
「糸」を含むことわざ
「糸」という漢字の詳細
「上」を含むことわざ
「上」という漢字の詳細
「小」を含むことわざ
「小」という漢字の詳細

故事・ことわざ辞典TOP

運営サイト一覧

プライバシーポリシー | お問い合わせ

スマートフォンパソコン

掲載内容の無断転載を禁止致します。

ページ先頭に戻る