「売家と唐様で書く三代目」の意味

スポンサーリンク

スポンサーリンク

言葉 売家と唐様で書く三代目
読み方 うりいえとからようでかくさんだいめ
意味 初代が苦労して残した財産も、三代目にもなると没落し、家を売りに出すような羽目になるが、その「売家」と書いた札の文字は唐様(中国風)でしゃれている。仕事をしないで道楽三昧をする人を皮肉ったもの。
類語

長者に二代なし

漢字詳細 「売」を含むことわざ
「売」という漢字の詳細
「家」を含むことわざ
「家」という漢字の詳細
「唐」を含むことわざ
「唐」という漢字の詳細
「様」を含むことわざ
「様」という漢字の詳細
「書」を含むことわざ
「書」という漢字の詳細
「三」を含むことわざ
「三」という漢字の詳細
「代」を含むことわざ
「代」という漢字の詳細
「目」を含むことわざ
「目」という漢字の詳細

故事・ことわざ辞典TOP

運営サイト一覧

プライバシーポリシー | お問い合わせ

スマートフォンパソコン

掲載内容の無断転載を禁止致します。

ページ先頭に戻る