「越鳥南枝に巣くい、胡馬北風に嘶く」の意味

スポンサーリンク

スポンサーリンク

言葉 越鳥南枝に巣くい、胡馬北風に嘶く
読み方 えっちょうなんしにすくい、こばほくふうにいななく
意味 故郷の忘れがたいことのたとえ。
中国南方の越の国から北国へ渡った鳥は、樹木の南側の枝に巣をかけ、北方の胡の国から来た馬は、北風が吹きよせると故郷を想って嘶くという意から。『文選』の古詩「胡馬は北風に依り、越鳥は南枝に巣くう」による。単に「越鳥南枝に巣くう」や「胡馬北風に嘶く」ともいう。
出典 『文選』
類語

故郷忘じ難し

漢字詳細 「越」を含むことわざ
「越」という漢字の詳細
「鳥」を含むことわざ
「鳥」という漢字の詳細
「南」を含むことわざ
「南」という漢字の詳細
「枝」を含むことわざ
「枝」という漢字の詳細
「巣」を含むことわざ
「巣」という漢字の詳細
「胡」を含むことわざ
「胡」という漢字の詳細
「馬」を含むことわざ
「馬」という漢字の詳細
「北」を含むことわざ
「北」という漢字の詳細
「風」を含むことわざ
「風」という漢字の詳細
「嘶」を含むことわざ
「嘶」という漢字の詳細

故事・ことわざ辞典TOP

運営サイト一覧

プライバシーポリシー | お問い合わせ

スマートフォンパソコン

掲載内容の無断転載を禁止致します。

ページ先頭に戻る