「三尺下がって師の影を踏まず」の意味

スポンサーリンク

スポンサーリンク

言葉 三尺下がって師の影を踏まず
読み方 さんじゃくさがってしのかげをふまず
意味 師につき従う時は、弟子は三尺くらい後ろから歩き、師の影を踏んではいけないということ。弟子は師を敬い礼儀を失わないように心がけるべきであるという戒めの言葉。「七尺去って師の影を踏まず」ともいう。
漢字詳細 「三」を含むことわざ
「三」という漢字の詳細
「尺」を含むことわざ
「尺」という漢字の詳細
「下」を含むことわざ
「下」という漢字の詳細
「師」を含むことわざ
「師」という漢字の詳細
「影」を含むことわざ
「影」という漢字の詳細
「踏」を含むことわざ
「踏」という漢字の詳細

故事・ことわざ辞典TOP

運営サイト一覧

プライバシーポリシー | お問い合わせ

スマートフォンパソコン

掲載内容の無断転載を禁止致します。

ページ先頭に戻る