「お」からはじまる故事・ことわざ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

五十音順に並んでいます。

故事・ことわざ(読み方)
お家がらがら
(おいえがらがら)
老い木に花咲く
(おいきにはなさく)
老い木は曲がらぬ
(おいきはまがらぬ)
お医者様でも草津の湯でも惚れた病は治りゃせぬ
(おいしゃさまでもくさつのゆでもほれたやまいはなおりゃせぬ)
老いたる馬は道を忘れず
(おいたるうまはみちをわすれず)
追手に帆を揚げる
(おいてにほをあげる)
老いては子に従え
(おいてはこにしたがえ)
老いてはますます壮んなるべし
(おいてはますますさかんなるべし)
老いの一徹
(おいのいってつ)
老いの繰言
(おいのくりごと)
老いらくの恋
(おいらくのこい)
枉駕
(おうが)
王侯将相寧んぞ種あらんや
(おうこうしょうしょういずくんぞしゅあらんや)
往時渺茫としてすべて夢に似たり
(おうじびょうぼうとしてすべてゆめににたり)
応接に暇あらず
(おうせつにいとまあらず)
負うた子に教えられて浅瀬を渡る
(おうたこにおしえられてあさせをわたる)
負うた子より抱いた子
(おうたこよりだいたこ)
負うた子を三年探す
(おうたこをさんねんさがす)
王は君臨すれども統治せず
(おうはくんりんすれどもとうちせず)
お乳母日傘
(おうばひがさ)
鸚鵡返し
(おうむがえし)
大嘘はつくとも小嘘はつくな
(おおうそはつくともこうそはつくな)
大男総身に知恵が回りかね
(おおおとこそうみにちえがまわりかね)
大男の殿
(おおおとこのしんがり)
大風が吹けば桶屋が儲かる
(おおかぜがふけばおけやがもうかる)
狼に衣
(おおかみにころも)
大河を手で堰く
(おおかわをてでせく)
大きい薬缶は沸きが遅い
(おおきいやかんはわきがおそい)
大きな家には大きな風
(おおきないえにはおおきなかぜ)
大木の下に小木育たず
(おおきのしたにおぎそだたず)
大木の下に小木育つ
(おおきのしたにおぎそだつ)
多し少なし子三人
(おおしすくなしこさんにん)
大遣いより小遣い
(おおづかいよりこづかい)
大摑みより小摑み
(おおづかみよりこづかみ)
大所の犬になるとも小所の犬になるな
(おおどころのいぬになるともこどころのいぬになるな)
大取りより小取り
(おおどりよりこどり)
大鍋の底は撫でても三杯
(おおなべのそこはなでてもさんばい)
大船に乗ったよう
(おおぶねにのったよう)
大風呂敷を広げる
(おおぶろしきをひろげる)
大見得を切る
(おおみえをきる)
大水に飲み水なし
(おおみずにのみみずなし)
大向こうを唸らせる
(おおむこうをうならせる)
大目に見る
(おおめにみる)
大家と言えば親も同然、店子と言えば子も同然
(おおやといえばおやもどうぜん、たなこといえばこもどうぜん)
陸に上がった河童
(おかにあがったかっぱ)
置かぬ棚を探す
(おかぬたなをさがす)
置かぬ棚をも探せ
(おかぬたなをもさがせ)
お株を奪う
(おかぶをうばう)
お竈を起こす
(おかまをおこす)
置き酌失礼、持たぬが不調法
(おきじゃくしつれい、もたぬがぶちょうほう)
起きて働く果報者
(おきてはたらくかほうもの)
起きて半畳、寝て一畳
(おきてはんじょう、ねていちじょう)
沖な物あて
(おきなものあて)
屋烏の愛
(おくうのあい)
屋上、屋を架す
(おくじょう、おくをかす)
奥歯に物が挟まったよう
(おくばにものがはさまったよう)
おくびにも出さない
(おくびにもださない)
臆病風に吹かれる
(おくびょうかぜにふかれる)
臆病の神降ろし
(おくびょうのかみおろし)
屋漏に愧じず
(おくろうにはじず)
驕る平家は久しからず
(おごるへいけはひさしからず)
奢る者は心常に貧し
(おごるものはこころつねにまずし)
お先棒を担ぐ
(おさきぼうをかつぐ)
教うるは学ぶの半ば
(おしうるはまなぶのなかば)
お釈迦様でも気がつくまい
(おしゃかさまでもきがつくまい)
おじが甥の草を刈る
(おじがおいのくさをかる)
おじを見ると荷が重い
(おじをみるとにがおもい)
遅い助けは助けにならぬ
(おそいたすけはたすけにならぬ)
遅牛も淀、早牛も淀
(おそうしもよど、はやうしもよど)
遅かりし由良之助
(おそかりしゆらのすけ)
遅くとも、しないよりはまし
(おそくとも、しないよりはまし)
恐れ入谷の鬼子母神
(おそれいりやのきしもじん)
お為ごかし
(おためごかし)
煽てと畚には乗りたくない
(おだてともっこにはのりたくない)
小田原評定
(おだわらひょうじょう)
おだをあげる
(おだをあげる)
落ち武者は薄の穂にも怖ず
(おちむしゃはすすきのほにもおず)
お茶を濁す
(おちゃをにごす)
お茶を挽く
(おちゃをひく)
おっと合点承知之助
(おっとがってんしょうちのすけ)
落つれば同じ谷川の水
(おつればおなじたにがわのみず)
頤で蠅を追う
(おとがいではえをおう)
頤を解く
(おとがいをとく)
男心と秋の空
(おとこごころとあきのそら)
男猫が子を生む
(おとこねこがこをうむ)
男の目には糸を引け、女の目には鈴を張れ
(おとこのめにはいとをひけ、おんなのめにはすずをはれ)
男は敷居を跨げば七人の敵あり
(おとこはしきいをまたげばしちにんのてきあり)
男は度胸、女は愛嬌
(おとこはどきょう、おんなはあいきょう)
男は二十五の暁まで育つ
(おとこはにじゅうごのあかつきまでそだつ)
男は裸百貫
(おとこははだかひゃっかん)
男は松、女は藤
(おとこはまつ、おんなはふじ)
男は妻から
(おとこはめから)
男冥利に尽きる
(おとこみょうりにつきる)
男鰥に蛆が湧き、女寡に花が咲く
(おとこやもめにうじがわき、おんなやもめにはながさく)
落とした物は拾い徳
(おとしたものはひろいどく)
驚き、桃の木、山椒の木
(おどろき、もものき、さんしょのき)
同い年夫婦は火吹く力もない
(おないどしみょうとはひふくちからもない)
同じ穴の貉
(おなじあなのむじな)
同じ釜の飯を食う
(おなじかまのめしをくう)
同じ羽の鳥は集まるものだ
(おなじはねのとりはあつまるものだ)
鬼が出るか蛇が出るか
(おにがでるかじゃがでるか)
鬼瓦にも化粧
(おにがわらにもけしょう)
鬼に金棒
(おににかなぼう)
鬼に瘤を取られる
(おににこぶをとられる)
鬼に衣
(おににころも)
鬼にもなれば仏にもなる
(おににもなればほとけにもなる)
鬼の居ぬ間に洗濯
(おにのいぬまにせんたく)
鬼の霍乱
(おにのかくらん)
鬼の首を取ったよう
(おにのくびをとったよう)
鬼の念仏
(おにのねんぶつ)
鬼の目にも涙
(おにのめにもなみだ)
鬼の目にも見残し
(おにのめにもみのこし)
尾に鰭付ける
(おにひれつける)
鬼も十八、番茶も出花
(おにもじゅうはち、ばんちゃもでばな)
鬼も頼めば人食わず
(おにもたのめばひとくわず)
鬼も角折る
(おにもつのおる)
己に克ち、礼に復る
(おのれにかち、れいにかえる)
己に如かざる者を友とするなかれ
(おのれにしかざるものをともとするなかれ)
己の頭の蠅を追え
(おのれのあたまのはえをおえ)
己の欲する所を人に施せ
(おのれのほっするところをひとにほどこせ)
己の欲せざる所は人に施すこと勿れ
(おのれのほっせざるところはひとにほどこすことなかれ)
己を責めて人を責めるな
(おのれをせめてひとをせめるな)
己を虚しゅうす
(おのれをむなしゅうす)
己を以て人を量る
(おのれをもってひとをはかる)
斧を掲げて淵に入る
(おのをかかげてふちにいる)
尾羽打ち枯らす
(おはうちからす)
十八番
(おはこ)
お鉢が回る
(おはちがまわる)
お髭の塵を払う
(おひげのちりをはらう)
お百度を踏む
(おひゃくどをふむ)
尾鰭が付く
(おひれがつく)
帯に短し、襷に長し
(おびにみじかし、たすきにながし)
負ぶえば抱かりょう
(おぶえばだかりょう)
思し召しより米の飯
(おぼしめしよりこめのめし)
溺れる者は藁をも摑む
(おぼれるものはわらをもつかむ)
お前百までわしゃ九十九まで
(おまえひゃくまでわしゃくじゅうくまで)
御神酒上がらぬ神はない
(おみきあがらぬかみはない)
思い内にあれば色外に現る
(おもいうちにあればいろそとにあらわる)
思い思瘡、思われ面皰
(おもいおもくさ、おもわれにきび)
思い立ったが吉日
(おもいたったがきちじつ)
思い半ばに過ぐ
(おもいなかばにすぐ)
思い邪なし
(おもいよこしまなし)
思うこと言わねば腹ふくる
(おもうこといわねばはらふくる)
思う事一つ叶えばまた一つ
(おもうことひとつかなえばまたひとつ)
思うに別れて思わぬに添う
(おもうにわかれておもわぬにそう)
思う念力、岩をも徹す
(おもうねんりき、いわをもとおす)
思うようなら子と三人
(おもうようならことさんにん)
思えば思わるる
(おもえばおもわるる)
重荷に小づけ
(おもににこづけ)
親思う心にまさる親心
(おやおもうこころにまさるおやごころ)
親方日の丸
(おやかたひのまる)
親が親なら子も子
(おやがおやならこもこ)
親が死んでも食休み
(おやがしんでもしょくやすみ)
親苦、子楽、孫乞食
(おやく、こらく、まごこじき)
親子の仲でも金銭は他人
(おやこのなかでもきんせんはたにん)
親子は一世、夫婦は二世、主従は三世
(おやこはいっせ、ふうふはにせ、しゅじゅうはさんせ)
親ずれより友ずれ
(おやずれよりともずれ)
親と月夜はいつも良い
(おやとつきよはいつもよい)
親に似ぬ子は鬼子
(おやににぬこはおにご)
親に目なし
(おやにめなし)
親の甘茶が毒となる
(おやのあまちゃがどくとなる)
親の意見と茄子の花は千に一つも無駄はない
(おやのいけんとなすびのはなはせんにひとつもむだはない)
親の意見と冷や酒は後で利く
(おやのいけんとひやざけはあとできく)
親の因果が子に報う
(おやのいんががこにむくう)
親の恩は子で送る
(おやのおんはこでおくる)
親の恩より義理の恩
(おやのおんよりぎりのおん)
親の心、子知らず
(おやのこころ、こしらず)
親の十七、子は知らぬ
(おやのじゅうしち、こはしらぬ)
親の脛を齧る
(おやのすねをかじる)
親の光は七光り
(おやのひかりはななひかり)
親の欲目
(おやのよくめ)
親は親、子は子
(おやはおや、こはこ)
親はなくとも子は育つ
(おやはなくともこはそだつ)
親は木綿着る、子は錦着る
(おやはもめんきる、こはにしききる)
親馬鹿子馬鹿
(おやばかこばか)
親を睨むと鮃になる
(おやをにらむとひらめになる)
泳ぎ上手は川で死ぬ
(およぎじょうずはかわでしぬ)
及ばぬ鯉の滝登り
(およばぬこいのたきのぼり)
折り紙付き
(おりがみつき)
俺は言わぬがわれ言うな
(おれはいわぬがわれいうな)
愚か者に福あり
(おろかものにふくあり)
負わず借らずに子三人
(おわずからずにこさんにん)
終わりよければすべてよし
(おわりよければすべてよし)
お椀を持たぬ乞食はない
(おわんをもたぬこじきはない)
尾を振る犬は叩かれず
(おをふるいぬはたたかれず)
女心と秋の空
(おんなごころとあきのそら)
女賢しゅうして牛売り損なう
(おんなさかしゅうしてうしうりそこなう)
女三人あれば身代が潰れる
(おんなさんにんあればしんだいがつぶれる)
女三人寄れば姦しい
(おんなさんにんよればかしましい)
女ならでは夜は明けぬ
(おんなならではよはあけぬ)
女の一念、岩をも徹す
(おんなのいちねん、いわをもとおす)
女の髪の毛には大象も繋がる
(おんなのかみのけにはたいぞうもつながる)
女の心は猫の目
(おんなのこころはねこのめ)
女の知恵は鼻の先
(おんなのちえははなのさき)
女は衣装髪かたち
(おんなはいしょうかみかたち)
女は氏無うて玉の輿に乗る
(おんなはうじのうてたまのこしにのる)
女は己を説ぶ者のために容づくる
(おんなはおのれをよろこぶもののためにかたちづくる)
女は三界に家なし
(おんなはさんがいにいえなし)
女冥利に尽きる
(おんなみょうりにつきる)
女寡に花が咲く
(おんなやもめにはながさく)
負んぶすれば抱っこ
(おんぶすればだっこ)
隠密の沙汰は高く言え
(おんみつのさたはたかくいえ)
陰陽師、身の上知らず
(おんようじ、みのうえしらず)
恩を仇で返す
(おんをあだでかえす)
恩を以て怨みに報ず
(おんをもってうらみにほうず)

五十音検索に戻る

五十音から検索
   
       

運営サイト一覧

表示:スマートフォンパソコン

プライバシーポリシーお問い合わせ

掲載内容の無断転載を禁止致します。

(c) 故事・ことわざ辞典オンライン

ページ先頭に戻る